腹筋を鍛えて腰痛予防

腰痛で腹筋をトレーニングすることによって、今後の腰痛予防になることがあります。腹筋を鍛えるということに腰を痛めたばかりの人ではとても不安に思うかもしれませんが、腹筋を鍛えて背筋のバランスを良くしてトレーニングを行っていくと、腰痛もあまり酷くなくなり、何よりもスムーズに腰痛を予防することが出来ます。腹筋が弱いと腰痛になりやすいので日ごろから意識すると良いということが分かりますから、腰痛で腹筋を鍛えておくのは適切なことです。

腰に負担をかけない腹筋

腰痛で腹筋のトレーニングをすることを、多くの病院の先生は説明しています。腹筋の仕方によっては、腰に負担をかけてしまうことがありますが、腰に負担をかけるような腹筋の場合は、まず勢いで身体を起こそうとしたりするものです。上体を無理に起こそうとすることは、腰痛を腹筋で再発させるようなものですから、上体は無理に起こさずに、おへそが見える程度の腹筋にしておくと良いということがいえますし、その時は呼吸を意識しておくと良いでしょう。

本当は背筋が重要

腰痛で腹筋が注目される理由ですが、日ごろから良く利用されているのは背筋で、腹筋は実は背筋よりも使われていません。腰痛予防の腹筋では、腹筋が割れるほど鍛える必要はないのですが、数種類の筋肉が背筋も支えるように張り巡らされているために、腹筋が弱いと背筋が安定せず背骨が安定して支えることが出来なくなってしまいます。腹筋も背骨を支えるために、他の筋肉と一緒に働いていますから、腹筋をきちんと鍛えるのは背骨を支えるためには重要なのです。

腹筋の負荷はほどほどに

腰痛で腹筋をする場合には首を曲げないようにすることです。首をまげながらの腹筋の場合は今度は首に負担をかけすぎてしまい首を痛めることになります。ですから首へ負担をかけないように意識することも大切です。仰向けから身体を完全に起こそうとすると腹筋以外の筋肉にも刺激があり、腰痛が治ったばかりの人には過度の負担を与えます。ですからあまり身体を起こしすぎるのも良くないといわれているのがこのことから分かるかと思います。

腹筋のやり方

腰痛で腹筋をトレーニングする場合には、腰の下にこぶしを入れて、負担を減らしながら片ひざを曲げて胸部を天井に近づけるような動作をゆっくりと左右で行っていきます。そうすることで、少しゆっくりと腹筋が鍛えられますが、これは他の筋肉への負担をかけないのでとても良いということが分かります。腰痛で腹筋のトレーニングを行うならば、ゆったりとした動作を考えておくことが大切ですからその点を注意して行っていきたいですね。

腰痛と腹筋

r="0" marginwidth="0" marginheight="0" >